簡単お試し査定 入力画面

お持ちの自転車について下記の選択項目を必ず上から順に選択し「入力内容を確認する」をクリックしてください。(「ジャンル」から順に選択しないと項目が表示されません。)
選択した自転車の簡単お試し査定を見ることが出来ます。簡単お試し査定とは、選択した自転車の買取参考価格です。
実際のお客様の自転車の買取価格とは関係ございません。
正確な買取価格は実際の自転車の状態によって異なりますので、簡単お試し査定後の店舗持ち込み本査定、ネット本査定、どちらかの本査定結果が正確な買取価格となります。詳しくは「買取サービス」「ご利用ガイド」をご覧ください。

自転車情報






ロハスサイクルあさひ 宅配買取サービス利用規約

  • 株式会社あさひ(以下、「当社」といいます。)は、当社が利用者に提供する「利用者が所有する中古物等で当社において買取を希望するもの(以下、「買取対象物」といいます。)」の宅配買取サービス(以下、「本サービス」といいます。)について、次のとおり規約(以下、「本規約」といいます。)を定めます。

第1章 通則


  • 第1条(目的)
    • 本サービスは、利用者が所有する買取対象物につき、当社がインターネット上で運営する自転車等の買取サイト(https://lohas-cycle-asahi.jp/)において、当社の計算基準による買取査定額等をもって合意に至ったときに、当社に買取を求めることができるサービスをいいます。
  • 2.本サービスは、以下のサービスで構成されるものとします。
    • ① 簡単お試し査定サービス
    • ② 宅配便による引取りサービス
    • ③ 本査定サービス
    • ④ その他のサービス

  • 第2条(定義)
    • 本規約における用語の定義は、次のとおりとします。
    • ① 簡単お試し査定サービス
      • 当社がインターネット上で運営する自転車等の買取サイト(https://lohas-cycle-asahi.jp/)にて、利用者が当社に売却することを希望する買取対象物について、その情報を提供することにより、概算の買取見込価格(以下、「仮査定額」といいます。)を算出し、利用者に提供するサービスをいいます。
    • ② 宅配便による引取りサービス
      • 簡単お試し査定サービス後に、当社が利用者に対して提供する「専用宅配キット」を利用して、利用者が宅配便で当社の指定店舗に買取対象物を送付することができるサービスをいいます。
    • ③ 本査定サービス
      • 当社が、利用者から配送された買取対象物の状態確認を実際に行い、本査定額を算出し、遅滞なく利用者に対して本査定額を電子メール等によって通知するサービスをいいます。
    • ④ その他のサービス
      • 前各号に付随するサービスをいいます。

  • 第3条(利用条件)
    • 本サービスの利用者は、次のすべての条件を満たす必要があります。
    • ① 本規約に同意すること
    • ② 第5条に定める地域内に居住すること
    • ③ 当社が求めるすべての書面等を適切に記入して、当社に交付すること
    • ④ 現住所、氏名、職業及び年齢等を適切に当社に申告すること
    • ⑤ 第18条に定める本人確認書類を当社に提出すること
    • ⑥ 前号に掲げる本人確認書類を当社が保管すること

  • 第4条(年齢制限)
    • 18歳未満又は高校生の利用者は、本サービスを利用できません。
  • 2.20歳未満の利用者は、買取対象物の売却について、事前に法定代理人の同意を得るものとし、法定代理人が署名押印した当社指定の同意書を提出しなければなりません。

  • 第5条(本サービスの提供地域)
    • 本サービスの提供地域は、次のとおりとします。ただし離島を除きます。
       (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県)
  • 2.前項に掲げる地域内であっても、サービス提供をお断わりする場合があります。

  • 第6条(宅配買取対象物)
    • 買取対象物は、次に掲げるとおりとします。
    • ① スポーツ自転車
    • ② その他当社が買取を希望する物
  • 2.買取対象物であっても、次に掲げるものは買取できません。
    • ① 住所又は名前等が入ったもの
    • ② 経年劣化又は破損等が激しいもの
    • ③ 盗品
    • ④ ブランド品の模造品、又は偽造品若しくは変造品
    • ⑤ 安全性を確認できないもの
    • ⑥ 法令等に違反するもの
    • ⑦ その他当社が買取できないと判断するもの
  • 3.前二項の規定にかかわらず、当社は理由を開示せずに買取をしないことができるものとします。

  • 第7条(禁止行為)
    • 利用者は、次の行為をしてはならないものとします。
    • ① 虚偽の申告又は書類の提出をする行為
    • ② 当社を欺罔又は誤認させるおそれのある行為
    • ③ 本サービスに支障をきたすおそれのある行為
    • ④ 当社又は第三者に不利益若しくは損害等を与える行為、若しくはそれらのおそれのある行為
    • ⑤ 営利を目的として当社のサービスを利用する行為、又は当社の同業他社より転売目的で購入した物を売却する行為
    • ⑥ 一定期間内に、連続的又は不連続的に買取申込をする行為
    • ⑦ 一度買取を拒絶した物を再度査定させる行為
    • ⑧ 一度に大量に売却する行為
    • ⑨ 盗難品、他人の物品、又は担保権のある物を売却しようとする行為
    • ⑩ その他当社が不適当と判断する行為

  • 第8条(利用者が保証する事項)
    • 利用者は、買取対象物につき、利用者自身がその正当な処分権限を有するものであること保証し、当社はこれに基づいて処理を行うものとします。
  • 2.前項の定めに利用者が違反した場合は、利用者は、一切の責任と負担において、これによって生じた紛争等を解決しなければならないものとします。また、当社が被った損害があるときは、損害を賠償する責任を負うものとします。

  • 第9条(当社からの連絡、通知又は送付等)
    • 当社が利用者に対して、通知、連絡又は送付等(以下、これらを併せて「通知等」といいます。)をする場合、利用者の申し出た方法又は住所、電話番号若しくは電子メールアドレス等の連絡先(以下、これらを併せて「連絡先」といいます。)にかかわらず、当社が適当と判断する方法によって行うものとし、利用者はこれを承諾するものとします。
  • 2.前項に定める通知等をする場合において、連絡先の誤り等による不着、又は配送業者の事情による配送物の不着、延着若しくは未着等が発生したときであっても、当社の故意又は重大な過失によらない限り、当社はこれにより発生した損害について、一切の責めを負わないものとします。
  • 3.当社は、利用者に通知等ができないとき又は急迫な事情があるときは、その理由の如何にかかわらず本サービスを停止することができるものとします。ただし、当社の故意又は重大な過失による場合を除きます。

  • 第10条(本サービスの提供の流れ①「簡単お試し査定サービス」)
    • 簡単お試し査定サービスの提供の流れは、次のとおりです。
    • ① 利用者が、当社のホームページ上に設けられた簡単お試し査定サービスシステム(以下、「簡単査定システム」といいます。)に、必要事項を入力します。
    • ② 入力後、仮査定額が出るので、利用者はこれを確認します。

  • 第11条(本サービスの提供の流れ②「宅配便による引取りサービス」)
    • 宅配便による引取りサービスの提供の流れは、次のとおりです。
    • ① 利用者は、当社に買取を依頼する場合は、簡単査定システム上のボタンをクリックして、当社に必要事項を送信します(依頼しない場合は、そのまま終了します)。なお、仮査定価格が30,000円以下の場合は、宅配便による引取りサービスを利用することができません。
    • ② 利用者は、第18条に掲げる本人確認書類(未成年者の場合は法定代理人の同意書及び法定代理人の本人確認書類)及びその他当社が求める書類を当社指定のFAX番号へ送信します。
    • ③ 当社は、前二号に掲げる事項が適切に実施されたか確認します(第1号についてはデータの確認を行い、第2号については着信確認と内容の確認をします)。
    • ④ 当社は、確認後に買取対象物を発送するための専用宅配キットを利用者の自宅に送付します。専用宅配キットの内容物は、次のとおりです。
    • ⑤ 宅配キットの到着後、利用者は、ホームページ又は同梱の説明書に掲載される当社の指示に従い、宅配キットを使用して買取対象物を梱包します。
    • ⑥ 利用者は、梱包済みの買取対象物を、自宅から、当社が指定する配送業者を使って、当社が指定する店舗へ送付しなければなりません。
    • ⑦ 宅配キットを利用して送付する場合の送料は、次のとおりとします。
      • Ⅰ 第12条で定める本査定サービスにおいて、本査定額が30,000円以下となった場合は、当社へ買取対象物を送る際の送料は、利用者が負担するものとします。この場合、買取代金から送料を差引く又は別途請求する等の対応を行います。
      • Ⅱ 本査定価格が30,001円以上の場合、当社へ買取対象物を送る際の送料は、当社が負担するものとします。

  • 第12条(本サービスの提供の流れ③「本査定サービス(売却決定まで)」)
    • 本査定サービスの提供の流れは、次のとおりです。
    • ① 当社は、買取対象物が当社の指定店舗に届いた後、遅滞なく本査定サービスを行います。
    • ② 当社は、本査定サービスの結果(以下、「本査定額」といいます。)が判明した後に、遅滞なく利用者にこれを電子メール等で連絡します。

  • 第13条(本サービスの提供の流れ④「本査定サービス後(売却する場合)」)
    • 第12条に定める本査定額の連絡を受けた後、利用者が、売却を希望する場合の手続は次のとおりです。
    • ① 利用者は、本査定額の連絡を受けて、7日以内に当社のホームページ上から、当社に対して、売却の申込をします。
    • ② 当社が前号の申込に対して、承諾の返事をしたときに、売買が成立するものとします。
    • ③ 第26条の定めに従って、利用者が指定する銀行口座に現金にて振込します。

  • 第14条(本サービス提供の流れ⑤「本査定サービス後(売却しない場合)」
    • 第12条に定める本査定額の連絡を受けた後、利用者が売却を希望しない場合の手続きは次のとおりです。
    • ① 本査定額の連絡を受けて、7日以内に当社のホームページ上から、当社に対して、売却をしない旨の通知をします。
    • ② 当社は、買取対象物を着払いで利用者の自宅に返送します。この場合、送料は利用者負担とし、当社は、利用者の自宅あてに着払いで送付します。

  • 第15条(サービス提供の中止)
    • 当社は、利用者に連絡することなく、本サービスの提供を終了することができるものとします。また、それによって利用者に損害が生じた場合であっても、利用者は当社に対し、一切の損害の賠償を請求することができないものとします。ただし、当社の故意又は重過失による場合を除きます。

第2章 簡単お試し査定サービス


  • 第16条(簡単お試し査定サービスの遵守事項)
    • 利用者は、簡単お試し査定サービスを利用するときは、次のことを遵守しなければならないものとし、これに違反したことが判明した場合は、利用者は当社が負った損害を賠償する責めを負うものとします。
    • ① 利用者が虚偽の申告しないこと
    • ② 不正なプログラム等を使って、正常な作動をさせないこと
    • ③ 当社への売却目的以外の目的で使用しないこと

  • 第17条(仮査定額)
    • 仮査定額は、買取対象物の現況及び商品市況等の事情を考慮して算定されるため、仮査定の日時によって異なり、当社の本査定額を保証するものではありません。

  • 第18条(古物営業法に基づく本人確認)
    • 仮査定額の確認後、利用者が宅配便による引取りサービスを利用する場合、利用者は当社に対して、古物営業法等の法令の定めに基づき、本人確認書類として、以下の各号に記載する有効期間内の本人確認書類のいずれかの写しをFAXにて当社に提出しなければならないものとします。
    • ① 写真付身分証明書(現住所の記載があるもの)1点
      • Ⅰ 免許証
        (運転免許証、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、宅地建物取引士証、無線従事者免許証、認定電気工事従事者認定証、特種電気工事資格者認定証等)
      • Ⅱ 運転経歴証明書(発行日から5年以内のものに限ります)
      • Ⅲ 外国人登録証(在留の資格が特別永住者のものに限ります)
      • Ⅳ 在留カード
      • Ⅴ 特別永住者証明書
      • Ⅵ 学生証(写真且つ現住所の記載があるもの)
      • Ⅶ 官公庁や特殊法人等が発行した写真付身分証明書
      • Ⅷ その他当社が認めるもの
    • ② 現住所の記載がない写真付身分証明書、及び写真付ではない身分証明書(現住所の記載があるもの)2点
      • Ⅰ パスポート
      • Ⅱ 健康保険(現住所の記載があるものに限る)
        (健康保険被保険者証、国民健康保険被保険者証、船員保険等)
      • Ⅲ 年金手帳
        (国民年金手帳、国民年金証書、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、共済組合員証)
      • Ⅳ 印鑑登録証明書及び印鑑(両方で一組)
      • Ⅴ 学生証(写真又は現住所の記載がないもの)
      • Ⅵ 官公庁等が発行する証明書で写真又は現住所の記載がないもの
        (敬老手帳、療育手帳、身体障がい者手帳等)
      • Ⅶ その他当社が認めるもの
        ※ 個人番号(マイナンバー)カード、通知カードは、買取時の本人確認書類として利用できません。
  • 2.前項に規定する本人確認書類に記載される住所と現住所が異なる場合は、住所を確認するために、3か月以内に発行された本人名義の以下の書類(以下、「追完書類」という)を提示しなければならないものとします。ただし、本人名義の追完書類がない場合、姓が同一で同居されている家族名義の追完書類を提示しなければならないものとします。
    • ① 公共料金(電気、ガス、水道、電話、又は携帯電話)等の領収書の原本
    • ② その他当社が認めるもの
  • 3.当社は、古物営業法上又は所轄公安委員会若しくは所轄警察署の指導等により、買取対象物に関して、利用者に質問する場合があります。
  • 4.利用者が、第11条第1号に掲げる利用者が申し出た情報、第11条第2号に定める本人確認書類、第11条第4号で定める専用宅配キットの送付先、及び第11条第6号で定める集荷する住所のすべてが合致しない限り、当社は買取を行いません。

第3章 宅配便による引取りサービス


  • 第19条(宅配便による引取りサービスの利用条件)
    • 利用者は、宅配便による引取りサービスを利用するときは、次のことを遵守しなければならないものとし、これに違反したことが判明した場合は、当社が負った損害を賠償する責めを負うものとします。
    • ① 利用者は、当社からの案内に従って申込んだ場合に限って、宅配便による引取りサービスを利用できるものとします。
    • ② 利用者は、仮査定額が50万円以上の場合は、宅配便による引取りサービスを利用することはできないものとします。ただし、利用者が自己の負担で損害保険をかける場合は、この限りではありません。

  • 第20条(専用宅配キット及び梱包等)
    • 専用宅配キットは、当社が認めたときに、利用者に対して無償で提供します。ただし、利用者がこれを利用しなかった場合又はできなかった場合は、利用者の負担で、速やかに当社に返送しなければなりません。
  • 2.専用宅配キットが不着の場合、理由の如何を問わず、当社は本サービスの提供を終了します。
  • 3.利用者は、専用宅配キットを利用して、買取対象物を送付しなければならず、これ以外の方法で送付された場合、古物営業法が定める本人確認を行うことができないため、当社は買取対象物の受領を拒否します。この場合、買取対象物の発送にかかった費用及び専用宅配キット送付にかかった費用は利用者の負担とします。
  • 4.利用者は、前項に定める専用宅配キットの到着後、利用者自身で梱包を行うものとします。
  • 5.利用者は、当社が指定する配送業者(以下、「配送業者」という。)に対して、利用者宅に集荷することを依頼するものとし、当該方法以外によって配送された場合、当社は買取対象物の受領を拒否します。
  • 6.利用者は、当社指定の同梱書類等がある場合は、必要事項を記載して、荷物から外れないようにして発送しなればならないものとします。
  • 7.集荷日時の変更又は買取対象物の変更等、理由の如何を問わず、配送業者が買取対象物の集荷ができなかった場合、当社は、利用者が本サービスの利用申込を取消したものとみなします。
  • 8.本査定サービスの結果、買取対象物が第6条に定める買取対象外の物であった場合、当社は、申込から到着までにかかった一切の費用を利用者に請求します。
  • 9.発送料は、原則着払いとしますが、誤って元払いとした場合であっても、当社はこれを返金しません。

  • 第21条(配送時の事故等)
    • 梱包は、利用者自らが当社の指定する方法で行うものとし、利用者は、買取対象物について梱包から当社指定店舗への到着までの間の一切の責任を負うものとします。
  • 2.配送中の事故による買取対象物の毀損及び滅失等について、当社は理由の如何を問わず、一切責任を負わないものとします。この場合、利用者は配送業者との間で、一切の問題を解決するものとします。
  • 3.配送時に事故が発生した場合等、当社がサービスを継続して提供することが困難であると判断する事情が生じたときは、当社は、利用者に連絡することなく、適宜サービスの提供を終了することができるものとします。
  • 4.前項に定めるサービスの提供をもって、利用者は本サービスの利用申込を取消したものとみなします。

第4章 本査定サービス等


  • 第22条(本査定サービスの利用条件)
    • 利用者は、本査定サービスを利用するときは、次のことを遵守しなければならないものとし、これに違反したことが判明した場合は、当社が負った損害を賠償する責めを負うものとします。
    • ① 利用者が虚偽の申告しないこと。事実の申告をすること。
    • ② 仮査定額のいかんにかかわらず、本査定額が付かなかった場合、当社は利用者に対し、買取対象物を処分すること又は返却することの選択をするよう求めることができ、利用者は速やかにその回答をしなければならないものとします。利用者の回答がないときは、選択権は当社に移るものとします。

  • 第23条(査定時の買取対象物の取扱い)
    • 買取対象物が未使用の場合であっても、動作及び状態の確認のため、試験乗車等の検品作業を行います。買取対象物によっては、検品作業の結果、当社が買取対象物を買取せずに返却する場合もありますが、検品作業に伴う損害等については、一切責任を負いません。
  • 2.買取対象物を返却する場合、状態及びデータ等を査定前の状態へ復元することができない場合があります。
  • 3.買取対象物について不正品等の疑いがあると判断した場合、当社は、売買契約の成立の前後にかかわらず、所轄の警察署にその旨を申告すると共に、法的措置をとる場合があります。

  • 第24条(本査定額と仮査定額との相違)
    • 本査定額と仮査定額との間に相違がある場合、本査定額を査定金額とします。

  • 第25条(売買契約の申込)
    • 利用者は、本査定額を確認した後、当社に買取対象物を売却する意思がある場合は、第12条第2号に定める本査定額の通知等があった日(以下、「本査定額通知日」という。)から7日以内に、当社に対して売買契約の申込を通知等により行うものとします。

  • 第26条(売買契約の成立)
    • 売買契約の成立時期は、第25条に定める申込に対し、当社が承諾をした時点とします。
  • 2.当社は、売買契約成立後遅滞なく、利用者が指定した振込口座に買取代金を現金にて振込します。
  • 3.買取対象物の所有権は、売買契約が成立した時点で、利用者から当社へ移転します。
  • 4.利用者は、売買契約が成立した後は、買取対象物の返却を求めることができないものとします。

  • 第27条(防犯登録の抹消手続)
    • 利用者は、買取対象物に防犯登録がされている場合、売買契約成立後に、当社が抹消手続を行うことに予め同意するものとします。

  • 第28条(売買契約の不成立)
    • 第25条に定める期限までに、利用者が当社に対して申込を行わなかった場合、当社は、利用者が売買契約の申込を行わないものとみなします。
  • 2.前項に定める場合が生じたときは、当社は、買取対象物を利用者に返却します。その場合の送料は利用者の負担とします。

  • 第29条(買取対象物の返却)
    • 本サービスの過程で、利用者の都合によって買取申込を撤回した場合、利用者は、当社が買取対象物を利用者へ返送する際の送料を負担するものとします。
  • 2.当社から利用者に対して買取対象物を返却する場合、当社は故意又は重過失によらずに生じた買取対象物の毀損及び滅失等について、一切責任を負わないものとします。

  • 第30条(所有権の放棄)
    • 第25条に定める本査定額通知日から1箇月を経過しても、買取対象物を利用者が引き取らない場合(受領拒否及び不着を含む)、利用者が所有権を放棄したものとみなし、当社は、買取対象物を処分すると共に、保管及び処分に要した費用並びにその他当社が負担した費用及び損害を、利用者に対して請求できるものとします。

第5章 一般条項等


  • 第31条(瑕疵担保責任)
    • 買取対象物に隠れた瑕疵がある場合、当社がこれを知らず、且つそのために契約をした目的を達することができないときは、当社は、契約の解除をすることができるものとします。また、当社に損害が発生したときは、利用者に損害賠償請求をする場合があります。
  • 2.前項の場合において、当社は、契約の解除又は損害賠償の請求を、引渡しの時から1年以内にしなければならないものとします。

  • 第32条(本サービス利用の不許諾及び契約の解除)
    • 利用者が次の各号の一に該当する場合において、当社がその該当について重要性又は緊急性が高いと判断したときは、当社は、利用者が本サービスを利用することを拒絶すること、又は何ら催告を要せずに契約を解除することができるものとします。利用者は、これに対して理由の開示を求めることができず、またこれにより利用者に損害が生じたとしても、当社を免責するものとし、損害賠償その他一切の請求を行わないものとします。
    • ① 本規約又は法令等に違反したとき、又は過去に違反したことがあるとき
    • ② 利用者が指定した電子メール、電話が不通のとき、又は当社からの照会若しくは資料提出等の要請に対して、速やかに対処しないとき
    • ③ 利用者に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産等の申立てがなされた場合、又は利用者自らが破産、若しくは債務整理の申立てをしたとき
    • ④ その他前三号に準ずる事項が発生したとき
  • 2.前項の場合において、当社に損害が生じたときは、利用者は損害賠償の責めに任ずるものとします。

  • 第33条(当社の責任の範囲)
    • 買取査定時に、万一買取対象物の紛失又は破損等があった場合は、当社は、故意又は重大な過失がある場合に限り、利用者が直接及び実際に被った損害の範囲内で、当社の買取計算基準に従った当社における買取価格を上限として補償いたします。

  • 第34条(反社会的勢力の排除)
    • 利用者は、当社に対して、本契約締結時に以下の各号の事項に該当することを保証したうえで、本サービスを利用するものとします。利用者が以下の各号の一に該当しなくなったときは、当社は何らの催告を要せず、本契約を解除することができるものとします。この場合、解除された当事者は、これにより相手方に損害が生じたときは、その賠償の責めを負うものとします。
    • ① 自ら(利用者が法人の場合は、その役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう))が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等、若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
    • ② 反社会的勢力に利益提供を行わないこと。
    • ③ 自ら又は第三者を利用して、この契約に関して以下の行為をしないこと。
      • Ⅰ 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
      • Ⅱ 偽計若しくは威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
    • ④ その他前三号に付随する一切の行為をしないこと。
  • 2.当社が、前項の規定により本契約を解除した場合において、利用者に損害が生じても、利用者は解除により生じる損害について、当社に対し一切の請求を行うことができないものとします。

  • 第35条(分離可能性)
    • 本規約の一部が無効とされ、効力が生じないとされる場合であっても、これに反しないその他の部分にあっては、最大限に効力を有するものとします。
  • 2.本規約の一部がある利用者との関係で無効とされ、又は取消された場合であっても、本規約は利用者との関係では有効とします。

  • 第36条(個人情報の取扱い)
    • 当社が本サービスにより取扱う利用者の個人情報は、当社の個人情報保護方針及び本規約に従い、以下の場合を除き、利用者の許可なく利用者の個人情報を第三者に提供することはありません。
    • ① 古物営業法上の取引記録、本人確認及びその他本サービスの利用のため
    • ② 当社からの商品及びサービスのお知らせのため
    • ③ 古物営業法等の法令による要請に応じた情報提供のため

  • 第37条(準拠法)
    • 本規約の成立、解釈又は履行その他の事項に関しては、すべて日本法が適用されるものとします。

  • 第38条(専属的合意管轄)
    • 利用者と当社との間で紛争が生じた場合は、訴額に応じて大阪地方裁判所又は大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

  • 第39条(規約の改定)
    • 当社は、本規約について社会情勢の変化等に対応し、当社が相当と認める場合はいつでも利用者の許可なく本規約を変更改定できるものとします。
  • 【古物商許可番号】
    • 東京都公安委員会:第308761507332号
    • 神奈川県公安委員会:第451930007849号
    • 大阪府公安委員会:第622030143979号

上記利用規約を確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」をクリックしてください。「同意しない」をクリックすると先に進めません。



ロハスサイクルあさひ宅配買い取りサービス利用規約の内容が表示されますので、ご確認の上同意をお願いします。